安い自動車保険を作るには?

リスク細分型自動車保険を各保険会社が扱うようになり、同じ加入条件でも保険料に差が出るようになってきましたので、1人1人安い自動車保険会社は異なるようになりました。そこでここでは、少しでも自動車保険の保険料を安くするための方法を紹介しています。

安い自動車保険を作るには?一覧

自動車任意保険の一般的な補償内容
補償内容を薄くすれば当然、自動車保険は安くなりますがそれでは意味がありませんので、充実した補償内容を基本に、安い自動車保険を作ることが大切です。
リスク細分型自動車保険は安い?
多くの方がこの「リスク細分型自動車保険」によって、自動車保険の保険料が安くなると思っているようですが、逆に保険料が高くなってしまう可能性があるドライバーがいるのも事実です。
安い自動車保険はどこ?
1番安い自動車保険はどこなのでしょうか?結論からいえば、「安い自動車保険は1人1人違います!」。
運転者年齢条件特約を付帯する
自動車保険を安くするもっとも定番で、割引率が高いのが、補償される運転者の年齢を限定する、「運転者年齢条件特約」を付帯する方法です。
運転者限定特約を付帯する
自動車保険を安くする方法として、「被保険自動車の運転者を限定」する方法があり、被保険自動車を運転する方を限定することで、補償の範囲が狭くなりますので、その分、保険料が安くなるのです。
車両保険を考える
自動車保険で「車両保険」を付帯すると、一気に保険料が高額になってしまうことも珍しくありませんが、補償される車両事故を限定したり、免責金額を設定することによって、自動車任意保険の保険料を安くすることも可能です。
無事故を続けて優良ドライバーになる!
無事故を続けることによって自動車保険の割引率であるノンフリート等級が年々上がって行き、自動車任意保険の保険料が大幅に割引かれ、またゴールド免許所持者などの優良ドライバーの保険料を割引く保険会社も増えてきました。
安全装置の付いた車に乗る
リスク細分型自動車保険によって、「事故を起こす確率の低い車・事故を起こしても死傷する確立が低い、または軽いケガで済む確率が高い車」など、安全装置等が付いた車の場合は、自動車任意保険の保険料が安くなるようになってきています。
年間走行距離と使用目的
リスク細分化型自動車保険によって、年間走行距離が少なければ少ないほど、事故に合う確立も低くなりますので、「被保険自動車の年間走行距離」が少ない場合は、自動車任意保険が割引かれて安くなるようになってきました。
ダイレクト保険(インターネット通販)で契約する
ダイレクト保険の中でも、インターネットの普及によって、インターネットから申し込み、契約すれば、さらに自動車保険の割引が適用される保険会社が増えています。
自動車保険の見積もりを多く取る!
リスク細分型自動車保険を各保険会社が扱うようになり、1人1人細かく自動車任意保険の保険料に反映されるようになりましので、安い自動車保険を作るには、「1つでも多くの自動車保険の見積もりを取る」ことが大切です。
対物賠償保険に免責金額を設定する
対物賠償保険を「無制限」に設定するドライバーが増えてきましたが、対物賠償保険を使えば翌年のノンフリート等級が3つ下がってしまいますので、少額なら自己負担している方も多いと思います。その場合、対物賠償保険に「免責金額」を設定したほうがお得な場合があります。
保険料は一括で支払う!
自動車任意保険は1年契約で、分割でも支払える場合が多いですが、当然「一括払い」で支払ったほうが保険料は安くなります。安くなるというか、分割払いだと「割増率(通常5%程)」が適用されるので、保険料が割高になるのです。