自動車保険と特約の種類

最近は自動車保険の補償内容も複雑になってきており、そのせいで「保険金の不払い」などの問題も発覚しました。そこでここでは、自動車保険を契約する際に最低限知っておきたい「自動車保険と特約の補償内容」を説明しています。安い自動車保険を作るためにも、またもしもの際に補償を確実に受けるためにも、代理店や保険会社にすべてを任せるのではなく、最低限の知識を持っておくことも大切ですよ。

自動車保険と特約の種類一覧

対人賠償保険
対人賠償保険とは、自動車事故を起こした場合に、「歩行者・自転車搭乗者・相手の自動車の搭乗者・自分の自動車の搭乗者」などの「他人」を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合で、自賠責保険では損害がカバーできなかった部分に対して、上乗せして保険金が支払われる自動車任意保険のことです。
対物賠償保険
対物賠償保険とは、自動車事故を起こして、相手(他人)の「車・自転車・家屋・衣服・動物」など、「他人の財産(財物)」を破損させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる自動車任意保険のことです。
自損事故保険(特約)
自損事故保険(特約)とは、被保険自動車を運転中に自損事故(運転者の過失100%の単独事故)を起こし、「運転者・同乗者・車の保有者」等が死傷(死亡・ケガ)し、自賠責保険(強制保険)で補償されない場合に保険金が支払われる、対人賠償保険に加入すると自動付帯する保険(特約)のことです。
無保険車傷害保険(特約)
無保険車傷害保険(特約)とは、自動車事故によって「死亡・後遺障害・ケガ」を負った場合に、事故の相手が「無保険車・対人賠償保険が無制限でないために十分な補償が得られない」などの場合に、こちらが加入している保険会社から保険金を受け取ることができる、対人賠償保険に自動付帯する自動車保険のことです。
搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険とは、自動車事故によって被保険自動車に搭乗中の方「運転者本人・家族・友人・知人」などが死傷(死亡・後遺障害・ケガ)した場合に、「自賠責保険・対人賠償保険・人身傷害補償保険」とは別に保険金が支払われる自動車任意保険のことです。
車両保険
車両保険とは、被保険自動車が「事故・災害・イタズラ・盗難」などによって損害を受けたときに保険金が支払われる自動車任意保険のことで、車両保険は大きく分けて「一般車両保険」「車対車(エコノミー)+A」「車対車(エコノミー)」の3種類に分類され、それぞれによって車両保険の保険金が支払われる「補償範囲」が決まっています。
人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)
人身傷害補償担保特約とは、自動車事故に遭遇した際に、「運転者本人・搭乗者」が死傷(死亡・後遺障害・ケガ)した場合に、自分の過失割合に関わらず保険金(治療費)が支払われる自動車任意保険のことです。
弁護士費用特約
弁護士費用特約とは、「自動車に搭乗中・歩行中」など、自動車に起因する事故によって被保険者が死傷(死亡・後遺障害・ケガ)した場合や、所有物に損害を受けたときで、損害賠償請求を弁護士へ委託した際に生じる費用が支払われる自動車任意保険の特約のことです。
ファミリーバイク特約
ファミリーバイク特約とは、記名被保険者とその同居の家族が、ファミリーバイクを運転中に事故を起こし、他人を死傷させ、損害賠償責任を負った場合や、自損事故によって他人の所有物を破損させた場合に保険金が支払われる自動車任意保険の特約のことです。
身の回り品担保特約
身の回り品担保特約とは、「衝突・接触・墜落・災害・盗難」など、車両保険の保険金が支払われる事故を起こした際に、車両保険では補償対象外の、「車内・トランク内の身の回り品」の損害が補償される自動車任意保険の特約のことです。
代車費用担保特約
代車費用担保特約とは、車両保険の保険金が支払われる事故に合った場合に、被保険自動車が修理中などで利用できない間に代替交通手段を使用した費用が補償される自動車任意保険の特約のことです。
他車運転危険担保特約
他車運転危険担保特約とは、友人、知人などの他人の自動車を借りて運転中に起こした、「対人・対物・自損」事故について補償される、自動車保険の特約のことです。