搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険
とは、自動車事故によって被保険自動車に搭乗中の方「運転者本人・家族・友人・知人」などが死傷(死亡・後遺障害・ケガ)した場合に、「自賠責保険・対人賠償保険人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険) 」とはに保険金が支払われる自動車任意保険のことです。


またこの搭乗者傷害保険の支払われる方法は、「日数払い・部位、症状払い」の2種類に分類され、基本的に加入者がどちらにするか任意に選択できますが、保険料が比較的安い「部位、症状払い」を選択する人のほうが多いようです(部位、症状別払いしか選択できないプランも有)。


 搭乗者傷害保険の補償額



搭乗者傷害保険の補償額は、「日数払い」か、「部位、症状別払い」かによって異なります。


◎日数払い


日数払いは、「入院1日○○○○円:通院1日○○○○円支払います」と、ケガをして入院・通院した日数によって保険金が決まっているものですので、ケガの種類・重さは関係なく、部位、症状別払いに比べ保険料が若干高くなるようですが、その分補償も手厚くなっています。


また多くの場合、保険金の支払い期間(事故発生の日から180日まで、など)が定められていますので、この期間を超えた場合の「入院費・通院費」は支払われず、退院後、入院、通院日数が確定後、保険金が支払われます。


◎部位、症状別払い


部位、症状別払いは、ケガをした場合に、あらかじめ保険会社が設定した保険金を受け取ることができるもので、各保険会社によって細かく、「このケガの場合は○○万円支払います」と定められています(例えば、頭部の骨折は50万円など)。


ただし事故発生の日から○○○日以内に(180日以内など)、医師による治療日数(または入院日数)が○日以上(5日以上など)の場合でないと保険金が支払われなかったり、複数の箇所をケガしている場合は、その中でもっとも保険金額が高いものしか支払われない場合が多いようですので、必ず確認しておきましょう。


また日数払いとは逆で、部位、症状別払いの場合は退院しなくても、ケガした部位が確定し、示談が成立すれば保険金は支払われます。


死亡した場合は設定した保険金額が受け取れます(例えば2,000万円の搭乗者傷害保険に加入していた場合で、2名死亡した場合は4,000万円が支払われます)。


後遺障害の場合は、後遺障害の等級(程度)に応じて保険金が支払われます。


 搭乗者傷害保険の保険金が支払われない場合



被保険者の故意によってその本人に生じた傷害

「無免許・酒酔い・麻薬服用中」などの状態で運転して起こした事故のうち、その運転者本人の傷害

地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮などの自然災害によって生じた傷害

戦争、暴動によって生じた傷害

被保険者が正当な権利を有する者の承認を得ないで被保険自動車に搭乗中の傷害


保険金が支払われない条件は各保険会社によって異なる場合がありますので、必ず事前に確認しておきましょう。


 搭乗者傷害保険の保険金額



搭乗者傷害保険は、


・500万円
・1,000万円
・1,500万円
・2,000万円


と、4種類の中から保険金額を選択できるようになっている場合が多いようです。


 搭乗者傷害保険は必要?



搭乗者傷害保険は、自動車保険では定番の保険ですが、「人身傷害補償保険(人身傷害補償担保特約)」と若干、補償内容が重複し、人身傷害補償保険のほうが補償が断然厚いので、人身傷害補償保険に加入して、搭乗者傷害保険には加入しない方も増えています。


ただ、どちらの保険も別々に保険金が支払われますので、万一の場合に備えることを思えば、2つとも加入していたほうが安心ですし、加入者(自動車)によっても異なりますが、搭乗者傷害保険を外したからといって、それほど大きく保険料が安くなるわけではありませんので、2つとも加入しても良いかもしれません。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加