車両保険


車両保険とは、被保険自動車が「事故・災害・イタズラ・盗難」などによって損害を受けたときに保険金(車の修理費や購入費)が支払われる自動車任意保険のことで、保険会社によっても若干異なりますが、車両保険は大きく分けて「一般車両保険」「車対車(エコノミー)+A」「車対車(エコノミー)」の3種類に分類され、それぞれによって車両保険の保険金が支払われる「補償範囲」が決まっています。


車両保険は保険会社によっては、「ノンフリート等級(等級の低い人)」、「車の初度登録年月(古い車)」、「車種(超高級車)」などによって契約できない場合があります。


 車両保険の補償範囲



車両保険の種類によって「補償範囲」は以下のような感じとなっています。


主な事故 一般
車両保険
車対車+A 車対車
他車との接触・衝突事故
相手が分かる場合
他車との接触・衝突事故
(相手が分からない、当て逃げなどの場合)
× ×
相手のいない自損事故
(単独事故)
× ×
車以外との
接触・衝突事故
× ×
イタズラ
(落書きなど)
×
盗難 ×
火災・爆発・台風
洪水・高潮
×


 一般車両保険



一般車両保険」は、上記の表の通り「ほとんどの車両事故」によって、被保険自動車が損害を受けた場合でも保険金が支払われますので、車両保険の中でもっとも保険料が高額になります。


 車対車(エコノミー)+A



車対車(エコノミー)+A」は、相手が分からない事故(当て逃げ)や、自損事故(単独事故)などの場合は補償の対象外の車両保険で、補償範囲が一般車両保険に比べて限定されていますので、一般車両保険よりも保険料が割安になっています。


 車対車(エコノミー)



車対車(エコノミー)」は、相手が分かる他車との衝突・接触事故のみが補償される車両保険で、車両保険の中でもっとも保険料が割安になっています。


 車両保険の保険金が支払われない場合



地震、噴火(それによる津波)によって損害を受けた場合

保険金を受け取るべき者(保険契約者・被保険者)の故意による損害

「無免許・酒酔い・麻薬服用中」などの状態で運転中に生じた損害

被保険自動車の欠陥、自然損耗によって生じた損害

故障車両によって生じた損害

タイヤに生じた損害


 車両保険の保険金額と保険料



車両保険の保険金額は、車種ごとに「料率クラス」が決まっており、修理費が高額になる「高級車・外車」や、事故を起こしやすい確率が高い車などは、その分、保険料も高くなっています。


また、「ノンフリート等級が低い人」は、事故を起こす確率が高いということで、保険料も高くなっています。


 車両保険の免責金額(自己負担額)



自動車保険に車両保険を付帯すると、保険料が一気に高くなりますので、通常車両保険では「免責金額(自己負担額)」を設定して契約することとなります。


免責金額とは、「損害額(修理費等)がこれ以下なら車両保険を使わずに自分で支払います」という自己負担額(割合)を決めておくもので、実際、車両保険を使えば翌年のノンフリート等級が3段階下がり、保険料が大幅にアップする可能性がありますので、免責金額を設定して契約するのが一般的となっています。


保険会社、ノンフリート等級等によって、「設定できる免責金額」は異なり、また2回目以降の車両事故の場合も免責金額が異なる場合が多いので、必ず確認しておきましょう。


 車両保険は必要か?



とにかく車両保険を付帯すれば自動車保険の保険料は高くなりますので、車両保険が必要かどうかはそれぞれの状況によって異なります。具体的には以下の方は車両保険を付帯するメリットが大きいといわれています。


新車を購入した

外車、高級車を購入した

車を複数所有している

業務で車を使用している


また車両保険に加入する場合でも、「一般車両保険」は保険料が高額になりますので、「車対車(エコノミー)+A」などを検討する必要もあるかもしれませんね。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加