対人賠償保険

対人賠償保険
対人賠償保険
とは、自動車事故を起こした場合に、「歩行者・自転車搭乗者・相手の自動車の搭乗者・自分の自動車の搭乗者」などの「他人」を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合で、自賠責保険(強制保険)では損害がカバーできなかった部分に対して、上乗せして保険金が支払われる自動車任意保険のことです。


 自賠責保険の支払限度額



・死亡補償額:3,000万円
・後遺障害:4,000万円
・傷害の場合:120万円


強制的に加入させられる自賠責保険は以上のように「支払い限度額」が定められており、あくまでも最低限の補償となっていますので、対人賠償保険は必須の自動車保険なのです。


上記の支払い限度額は1名についての金額です。


 対人賠償保険の保険金が支払われない場合



対人賠償保険の対象は、あくまでも「他人」となっていますので、以下の方が死傷した場合でも保険金が支払われませんので注意しましょう。


記名被保険者

被保険自動車を運転していた者(その配偶者・子供・父母)

被保険者の父母、配偶者、子供

被保険者の業務(家事を除く)に従事中の使用人

被保険者の使用者の業務に従事中の他の使用人


また以下に該当する場合も保険金が支払われません。


記名被保険者、保険契約者等の故意による損害

地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮などの自然災害によって生じた損害

戦争、暴動によって生じた損害

記名被保険者の承諾を得ないで被保険自動車を運転していた者が起こした対人事故

自動車修理業者などが業務として被保険自動車を運転していて起こした対人事故


対人賠償保険は被害者救済の観点から、被保険者が「酒酔い運転・無免許運転・麻薬服用中の運転」などによって対人事故起こし、被害者を死傷させた場合でも、保険金が支払われるようになっています。


 対人賠償保険の設定金額



対人賠償保険は、加入者が任意に「保険金額(支払われる上限額)」を設定することが可能ですが、「無制限」に設定することが一般的で、常識となっています(対人賠償保険に加入する人の90%以上が無制限に設定しています)。


他人を死亡させたり、後遺障害を負わせてしまった場合には、「○億円」という賠償金額の判例も少なくありませんし、無制限とせず、保険金額を設定しても保険料にそれほど大きな差が出ませんので、迷わず無制限にすることをおすすめします(無制限と1億円(5千万円)では数千円しか保険料は変わらないと思います)。


また近年では、「無制限」以外は契約できないような自動車保険のプランも増えています。


1回の事故で複数の死傷者が出た場合でも、それぞれの被害者に対して設定した保険金額を限度とした保険金が支払われます。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加