人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)

人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)
人身傷害補償担保特約
(人身傷害補償保険)とは、自動車事故に遭遇した際に、「運転者本人・搭乗者」が死傷(死亡・後遺障害・ケガ)した場合に、自分の過失割合に関わらず保険金(治療費)が支払われる自動車任意保険(特約)のことです。


人身傷害補償担保特約は、「自賠責保険・対人賠償保険搭乗者傷害保険」とは別に保険金が支払われ、搭乗者傷害保険とは補償内容が多少重複していますが、補償範囲は人身傷害補償担保特約のほうが広く、自分の過失割合に関わらず保険金が受け取れることとなっていますので、近年ではこの人身傷害補償担保特約に加入して、さらに補償を手厚くしたい場合に、搭乗者傷害保険に加入する方が増えているようです。


人身傷害補償担保特約を付帯した場合、自損事故保険(特約)は適用外となり、自損事故保険の対象による事故によって死傷した場合は、人身傷害補償担保特約から保険金が支払われます。


 人身傷害補償担保特約の補償範囲



人身傷害補償担保特約は、被保険自動車に搭乗中の自動車事故で死傷した場合に、「運転者を含む搭乗者全員」が補償されるものですが、記名被保険者の家族の場合は、被保険自動車に搭乗中の事故に限らず、「歩行中・他の車に搭乗中(自家用5車種に限るなど、車種は限定されています)」に起きた自動車事故でも補償を受けることができます。


 人身傷害補償担保特約の補償額



人身傷害補償担保特約は基本的に運転者の過失割合に関わらず、契約した保険金額を上限として、保険会社があらかじめ定めて算定した保険金(基本的に実損額)が支払われ、示談交渉がまとまる前に保険金を受け取れるのが大きな特徴です。


 人身傷害補償担保特約の保険金額



人身傷害補償担保特約は、一般的に、「3,000万円~1,000万円刻み」で、契約者が任意に設定できるようになっています。


 人身傷害補償担保特約の保険金が支払われない場合



地震、噴火(その津波)によって生じた傷害

被保険者の故意、または重大な過失によって生じた傷害

「無免許・酒酔い・麻薬服用中」などの状態で運転して起こした事故のうち、その運転者の傷害

被保険者が正当な権利を有する者の承認を得ないで自動車に搭乗中の傷害

保険会社が定めた車種以外(自家用5車種に限定など)の車に搭乗中に生じた傷害


保険金が支払われない条件は各保険会社によって異なる場合がありますので、必ず事前に確認しておきましょう。


 人身傷害補償担保特約は必要?



結論からいうと、「人身傷害補償担保特約は必要です!」。


必要な理由は・・・


自分の過失割合に関わらず保険金が支払われる(搭乗者傷害保険は過失割合によって支払われる)


示談交渉がまとまる前に保険金が支払われる(搭乗者傷害保険は示談成立後でなければ支払われない)


契約した保険金額を上限に実損額が支払われる(搭乗者傷害保険はケガをした場所や、入院1日○万円・通院日1日○万円など、あらかじめ支払われる保険金額が決まっている)


記名被保険者の家族の場合は被保険自動車以外の車に乗っていた場合に死傷した場合でも補償される(搭乗者傷害保険は被保険自動車に搭乗中のみ)


実際、近年では、補償内容が多少重複している「搭乗者傷害保険」には加入しなくても、この人身傷害補償担保特約を付帯することが一般的になっています。


ただ人身傷害補償担保特約の保険金額は「3,000万円~5,000万円」で設定している場合が圧倒的多数で、治療費などもこの範囲内で納まることが普通です。1億円を超えるとかなり保険料が高くなりますので、最低の3,000万円でも良いので付帯することをおすすめします。


またさらに補償を手厚くしたい場合は、搭乗者傷害保険に加入しても良いでしょう(2つ共加入していれば、どちらからも保険金が支払われます)。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加