弁護士費用特約

弁護士費用特約
弁護士費用特約
(弁護士費用等担保特約)とは、「自動車に搭乗中・歩行中」など、自動車に起因する事故によって被保険者が死傷(死亡・後遺障害・ケガ)した場合や、所有物に損害を受けたときで、損害賠償請求を弁護士へ委託した際に生じる費用が支払われる自動車任意保険の特約のことです。


通常、自動車事故に合った場合は、保険会社が示談交渉を行ってくれ、契約者は示談交渉を直接相手側とする必要がありませんが、保険会社が示談交渉を行ってくれない場合もありますし、示談がまとまらず訴訟へ発展する可能性も「0」ではありませんので、その場合にこの「弁護士費用特約」を付帯していれば、「弁護士への報酬・訴訟費用」などを、保険会社が定めた上限額(上限額300万円など)の範囲内で補償してくれるのです。


また保険会社によって異なりますが、被保険自動車に搭乗している場合に限らず、記名被保険者の家族が他の自動車に搭乗中や、歩行中に自動車事故に合い被害を被ったときでも、この特約を使えるのが一般的です(保険会社によって補償範囲が異なりますので、必ず事前に確認しておきましょう)。


 弁護士費用特約は必要?



弁護士費用特約は、年間数千円で付帯することができますので、余裕がある方、または、いざという時に不安な方は付帯しても良いでしょう。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加