身の回り品担保特約

身の回り品担保特約
身の回り品担保特約
とは、「衝突・接触・墜落・災害・盗難」など、車両保険の保険金が支払われる事故を起こした際に、車両保険では補償対象外の、「車内・トランク内の身の回り品」の損害が補償される自動車任意保険の特約のことです。


また身の回り品担保特約を使っても、翌年のノンフリート等級には影響がありません。


この場合の身の回り品とは、「通常、日常生活で使うもので、個人が所有している物」とされています。


身の回り品担保特約は、通常、車両保険に加入している場合に付帯することができる自動車保険の特約です。


 身の回り品担保特約で補償されない財産や状況



・キャリアに固定された身の回り品の盗難、紛失
・有価証券
・プリペイドカード
・通貨(現金)
・貴金属
・美術品(骨董品・書画)
・設計図
・証書
・宝石
・自然消耗または性質、虫食い等による損害
・電気的事故、または機械的事故が原因による損害


など・・・


身の回り品担保特約で補償されない財産は、各保険会社によって異なる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。


 身の回り品担保特約の補償額



身の回り品担保特約は、損害を受けた身の回り品の修理費、または減価償却分を差し引いた額が補償されますが、保険会社が定めた保険金額(通常30万円)が補償される上限となります。


 身の回り品担保特約は必要?



車には色々と物を入れることが多いと思いますので、自分だったらどのような物を入れるのかを考えてみて、「ゴルフクラブ・ビデオカメラ」など、比較的高級な身の回り品を常に車に入れている場合は、付帯するメリットはあると思います。


ただ車の中にはあまり高価なものを入れておかない場合などは、付帯する必要はないでしょう。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加