ノンフリート等級とは?

ノンフリート等級
ノンフリート等級
とは、自動車保険の割引率のことで、現在ではほとんどの保険会社が採用し、普通、「1~20等級」に分かれていて、保険会社を乗り換えるときでもノンフリート等級は引き継がれるようになっています(農協や全労災などの共済でも基本的には引き継がれますが、一部共済などの場合は引き継がれない場合もあります)。


初めて自動車任意保険に加入する場合は6等級から始まり、無事故を続ければ翌年の等級が1つ上がり7等級になり、保険金が支払われる事故(3等級ダウン事故)を1件起こせば等級は3つ下がり3等級になります(1年に2度、3等級ダウン事故を起こせば6等級下がります)。


ちなみに運転者の過失が少ない事故(盗難・いたずら・自然災害による車両破損等)は、従来までは翌年の等級が据え置かれる“等級据え置き事故”となっていましたが、2012年10月以降に変更された新等級制度によって、“1等級ダウン事故”となり、翌年の等級が1等級下がるようになりました(従来通り、1等級ダウン事故を導入せず、等級据え置き事故を引き続き扱う保険会社もあります)。


このノンフリート等級によって自動車保険の保険料は大きく変わることになりますので、無事故を続けるドライバーほど保険料が安くなり、逆に事故を起こしたドライバーは保険料が高くなるようになっているのです。


また等級が「1級・2級」など低い場合は、保険会社によっては契約できなかったり、保険の更新を断られる場合もありますので、事故を起こすと保険料が高くなるだけでなく、自動車任意保険に加入すること自体が困難になることもありますので、安全運転を心がけましょう!


2台目以降の自動車を契約する場合、保険会社によっては「セカンドカー割引」が適用され、本来なら6等級からスタートのところを、7等級からスタートできる場合があります(現在契約の等級が11等級以上の場合など、一定の条件があります)。


2012年10月より(保険会社によって導入時期は異なる)、ノンフリート等級の制度が多少、変更になっています。具体的には割引率の変更、等級据え置き事故を廃止し(保険会社によって異なる)、代わりに1等級ダウン事故を導入するなど。


 ノンフリート等級関連記事



ノンフリート等級の割引率

カウント事故・等級据え置き事故・ノーカウント事故

ノンフリート等級の引継ぎ(譲渡)

ノンフリート等級の中断手続き(中断証明書の申請)

車両保険とノンフリート等級

等級プロテクト特約




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加