示談代行サービス

示談代行サービス
示談代行サービス
とは、「対人賠償保険対物賠償保険」等の保険金支払いの対象となる事故を起こした際に、契約している自動車保険会社の専門スタッフや顧問弁護士などが本人に代行して相手側と示談交渉を行ってくれる無料サービスのことです。


いまではこの示談代行サービスは、ほとんどの自動車保険会社が無料で提供していますが、すべての事故においてこの示談代行サービスが使えるわけではありませんので注意が必要です。


 示談代行サービスが使えない場合



◎自賠責保険内でおさまる場合


対人賠償保険は自賠責保険を超える部分に対して支払われるので、自賠責保険内でおさまる場合は保険会社は保険金を支払う必要がありませんので、示談代行してくれない場合があります。


◎こちらの過失がゼロの場合


事故を起こしても、こちらに過失がない(過失0)場合、契約している保険会社は保険金を支払う必要がありませんので(相手側から全額保険金が支払われるので)、基本的に示談代行サービス対象外となります。


この場合は、自分で相手側と示談交渉しなければならず、不利な条件で示談させられることも十分考えられます。


そこで近年では弁護士費用特約という示談代行サービス対象外の場合や、示談できず訴訟(裁判)になり、弁護士に依頼した場合の費用を負担してくれる特約を扱っている保険会社が増えています(300万円までなどと上限が定められていることが一般的です)。


自動車事故で訴訟(裁判)まで発展するケースは稀ですし、こちらにまったく過失がない事故にあう確率もそれほど高くはありませんが、弁護士費用特約を付帯してもそれほど保険料が一気に高くなるわけではありませんので、安心感を得たい方は付帯してもいいでしょう。


また保険会社によっては法律相談サービスといって、示談交渉に関するアドバイス等を無料で提供してくれるサービスを行っている場合もありますので、契約する前に確認しておきましょう。


示談は裁判での判決と同じく法的拘束力を持ちますので、安易に示談に応じたりせず、まずは契約している自動車保険会社に連絡するようにしなければなりません。またこちらの保険会社から保険金が支払われる場合に、相手側と勝手に示談した場合は保険金が支払われなくなる場合もありますので注意しましょう!




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加