ダイレクト保険(インターネット通販)で契約する

ダイレクト系自動車保険
1998年(平成10年)、保険の自由化によって、「保険の通信販売」が可能となり、「電話・インターネット・郵便」など、保険会社と対面しなくても契約を結べるようになり、いままでは代理店を通して契約することが普通でしたが、このことによって代理店を通さず保険契約する「ダイレクト自動車保険」が急激に自動車保険の中でもシェアを伸ばしています。


特に外資系の保険会社がいち早く「保険の通信販売」を導入し、格安な保険料や充実したロードサービスをTVのCMなどで大きく宣伝し、認知度も高くなっています。


またダイレクト保険の中でも、インターネットの普及によって、インターネットから申し込み、契約すれば、さらに自動車保険の割引が適用される保険会社が増えています。


・「インターネットから契約すると○○パーセント割引!


・「インターネットから契約すると○千円割引!


など、自動車保険を安くしたい場合は、インターネットからの申し込み、契約も視野に入れたほうが良いでしょう。


 ダイレクト系自動車保険(自動車保険の通販)の特徴



代理店を通すよりコスト削減(代理店手数料・人件費)できるので保険料が割安になる


簡単・気軽に契約手続きが行える


 ダイレクト系自動車保険(自動車保険の通販)でも安心?



ダイレクト保険は代理店を通さず、保険会社と直接、自動車保険を契約しますので、事故を起こした場合などは、本人が直接、保険会社に連絡をしなければならず、また事故後の対応やサービスなどが不安だと思っている方が多いようです。


しかし、保険会社に直接連絡することはそれほど大きなデメリットになるとは考えられませんし、「事故対応満足度」でもダイレクト保険会社が上位に顔を出すことも増えていますので、ダイレクト保険だからといって不安になる必要はないと思います。


自動車保険の事故対応満足度ランキング


また各種サービスなども、近年ではダイレクト保険のほうが充実しているほどです。


確かにインターネット上の口コミや評判などでは、「ダイレクト保険は事故後の対応が悪い・サービスが悪い」などの情報が氾濫していますが、実際には多くのドライバーがダイレクト自動車保険に満足しているという結果も出ています。


自動車保険の顧客満足度ランキング


 ダイレクト系?代理店型?



具体的にダイレクト自動車保険を扱っている保険会社はどこなのでしょうか?


ソニー損保
SBI損保
イーデザイン損保
チューリッヒ
アクサダイレクト
三井ダイレクト
そんぽ24


など・・・


ダイレクト系とは逆に、日本全国に多くの代理店を抱えている代理店型は以下の損害保険会社です。


AIU
東京海上日動
損保ジャパン日本興亜
三井住友海上
あいおいニッセイ同和損保
富士火災


など・・・




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加