無事故を続けて優良ドライバーになる!


安い自動車保険にするには、「無事故を続ける」ことがもっとも重要な要素となります。


無事故を続けることによって自動車保険の割引率であるノンフリート等級が年々上がって行き、自動車任意保険の保険料が大幅に割り引かれるのです。


これは、事故を起こす確率が少ない優良ドライバーを1人でも多く抱えることにより、保険会社としては保険金を支払うリスクが少なくなるので、その分を保険料に反映しているのです。


またリスク細分型自動車保険によって、「ゴールド免許」の方は、事故を起こす確率が少ない、優良ドライバーということで、保険料が割り引かれる場合も増えてきました。


 無事故を続けると自動車保険は安い!



◎ノンフリート等級が上がって自動車保険が安くなる


自動車保険の割引率である「ノンフリート等級」は、無事故を続ければ毎年1つずつ等級が上がっていき、保険料の割引率も高くなっていきます。


ノンフリート等級の割引率


例えばノンフリート等級は「6等級」から始まりますが、普通、4等級の方は「割引率-2%」となっており、最低の1等級のドライバーは「+64%」、16~20等級(無事故)は、「-52~-63%」となっています(保険会社によって割引率は異なります)。


4等級で自動車保険の保険料が98,000円の場合、


1等級のドライバーなら・・・「16万4千円(+64%)」

16等級(無事故)のドライバーなら・・・「4万8千円(-52%)」


と、保険料にはかなりの格差がでてくるのです。


無事故を続けてもノンフリート等級は毎年1つしか上がりませんが、保険金が支払われる事故(カウント事故)を起こした場合は、1件につき3つも等級が下がりますので(1等級ダウン事故は1等級下がる)、保険料を安くするためというよりも、保険料を高くしないために、安全運転を心がけて、無事故を続けるようにしましょう!


◎ゴールド免許になって自動車保険が安くなる


リスク細分型自動車保険によって登場したのが、「ゴールド免許割引」です。


ゴールド免許は、「5年間無事故・無違反」のドライバーに与えられる免許証ですので、このような優良ドライバーは、保険料を安くしてもらえるのです。


ちなみに、「ペーパードライバー」の方でも、免許証の色が「ゴールド」ならば、ゴールド免許割引は適用され、保険会社によっても異なるかもしれませんが、「ゴールド免許の方は5%程保険料が割安」になるようです(それほど大きく割引かれるわけではありませんが・・・)。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加