安全装置の付いた車に乗る

自動車保険と安全装置
リスク細分型自動車保険によって、「事故を起こす確率の低い車・事故を起こしても死傷する確率が低い、または軽いケガで済む確率が高い車」など、安全装置等が付いた車の場合は、自動車任意保険の保険料が安くなるようになってきています。


安い自動車保険にするには、以下の安全装置等が付いた自動車に乗ることも考える必要がありますが、基本的には新しい車ほど多くの安全装置等が付いていますので、安全装置等が多く付いた車は値段が高いので悩むところですね。


 安全装置等の付いた自動車保険料の割引



・ABS割引
・エアバッグ割引
・デュアルエアバッグ割引
・環境対策車割引 (エコカー割引)
・盗難防止装置割引 (イモビライザー・電子式移動ロック装置を装備)
・衝突安全ボディー割引
・横滑防止装置割引
・四輪駆動(4WD)割引
・新車割引


など・・・


以上のうち、該当する安全装置等が多ければ多いほど自動車保険の保険料の割引率も高くなりますので、自動車の購入を考えている場合は、これらの安全装置等の有無も考慮するようにしましょう!


保険会社によっては扱っていない割引もありますので、事前に確認しておきましょう。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加