年間走行距離と使用目的

年間走行距離と使用目的
リスク細分化型自動車保険によって、年間走行距離が少なければ少ないほど、事故に合う確率も低くなりますので、「被保険自動車の年間走行距離」が少ない場合は、自動車任意保険が割引かれて安くなるようになってきました。


ただ年間走行距離は、仕事、学校への「通勤・通学」などが関わってきますので、自分ではどうしようもない場合が多いので、通勤・通学では車は使わず、「週末のレジャー・近所への買い物」などでしか被保険自動車を使わない場合は、保険料が安くなりますね。


 被保険自動車の主な使用目的



日常、レジャー使用

通勤、通学使用(週5日以上通勤・通学に使用する)

業務使用(週5日以上、または月15日以上業務用として使用する)


自動車保険に加入する際には普通、上記の3種類の中から「使用目的」を選ぶこととなり、「日常、レジャー使用」がもっとも保険料が安くなり、「業務使用」がもっとも保険料が高くなります。


もしも被保険自動車の使用目的に変更があった場合には、速やかに保険会社に連絡して、契約内容を変更しなければ、保険金が支払われない場合もありますので注意しましょう!


 被保険自動車の年間走行距離(予想最大走行距離)



保険会社によっても異なりますが、年間走行距離は3種類から選択できる場合が多いようです。当然、年間走行距離が少ないほど自動車保険の保険料は安くなるようになっています。

・5,000km未満
・10,000km未満
・10,000km以上


 年間走行距離を設定する際の注意点



例えば年間走行距離を「5,000km未満」として契約した場合に、5,000km以上の年間走行距離になりそうな場合は、保険会社に連絡して契約の変更をして、「追加保険料」を支払わなければ、もしも事故を起こした際に保険金が支払われない可能性が出てきます。


しかし「ソニー損保」の場合は、保険期間中に契約距離区分を超えてしまっても、追加保険料の支払いが不要となるサービス「こえても安心サービス」があり、また自動車保険を継続する場合に限り、契約距離区分の上限キロ数に満たない場合に、走らなかった分の保険料を翌年の継続保険料より割引かれる「くりこし割引」などもあるようです(走らなかった分の保険料が返金されるわけではありません)。


 具体的に年間走行距離ってどのくらい?



自動車保険に加入する際の「年間走行距離(予想最大走行距離)」は自己申告制ですので、具体的にどれほど走るのかが分からない方も多いと思います。そこで実際にはどれくらいの年間走行距離になるかをまとめてみました(あくまでも平均的な走行距離です)。


近所への買い物にしか使用しない・・・「2,000~3,000km


近所への買い物+週末のレジャー・・・「5,000~7,000km


週5日、通勤、通学に使用する・・・「約10,000km


通勤、通学+帰省、ドライブ、旅行・・・「10,000km以上




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加