車両保険を考える

自動車保険と車両保険
安い自動車保険にしたい場合は、「車両保険」についても考えなければなりません。


自動車任意保険で「車両保険」を付帯すると、一気に保険料が高額になってしまうことも珍しくありませんが、補償される車両事故を限定することで、ある程度は保険料を安くすることも可能です。


また車両保険を使えば翌年のノンフリート等級が3つ下がってしまい(1等級ダウン事故は除く)、翌年以降の保険料が大幅にアップする可能性が高くなりますので、車両保険を付帯する場合でも「免責金額(自己負担額)」を設定(選択)し、免責金額以下の修理費等は自己負担し、車両保険を使わないことも一般的となっています。


 補償される車両事故を限定する



保険会社によっても異なりますが、車両保険は普通、


・一般車両保険
・車対車(エコノミー)+A
・車対車(エコノミー)


の3種類に分類され、それぞれ補償される車両事故の範囲が決まっています。


車両保険参照



しかし車両事故のほとんどは実際問題、「車対車の事故」ですので、ほとんどの車両事故が補償される「一般車両保険」ではなく、「車対車(エコノミー)+A」なども検討の余地は十分にあると思いますし、車対車(エコノミー)+Aにするだけで保険料も大幅に安くなるのが現実です。


◎一般車両保険にしたほうが良い場合

一般車両保険はもっとも保険料が高くなりますが、ほとんどの車両事故等が補償されますので、以下に該当する方にとってはメリットが大きいかもしれません。


運転に自信がない方(単独事故の恐れがある)

安心を得たい方

盗難される恐れがある車を乗っている方(新車・人気車)

修理費等が高額になる車に乗っている方(外車・高級車)

業務で車を使用している方


 車両保険に免責金額(自己負担額)を設定する



車両保険を使えば翌年のノンフリート等級が3つ下がり、保険料が大幅にアップしますので、車両保険を付帯する場合でも、「免責金額(自己負担額)」を設定(選択)することが一般的となっており、免責金額を設定することで保険料を抑えることができるようになっています。


免責金額(自己負担額)を設定すると・・・


損害額が免責金額以下なら修理費等は自己負担する


損害額が免責金額を超えた場合でも、免責金額までは自己負担する


こととなっています。


また通常、1回目の車両事故の免責金額を設定(選択)すれば、2回目の車両事故の免責金額は自動的に決まるようになっています。


免責金額は、「0~10万円」の範囲内で設定(選択)出来るようになっていることが多いのですが、保険会社によって設定(選択)できる免責金額は異なりますので事前に確認しておきましょう。


保険会社によっては、ノンフリート等級によって設定(選択)できる免責金額が異なる場合があります。


 車両保険が安い車に乗る



車両保険の保険料は、車の「車両価格・料率クラス(1~9クラス)」で算定されますので、すべての場合において同じになるわけではありません。


料率クラスの高い車(車両保険の高い車)とは・・・


修理費が高そうな車(外車)

統計的に見て事故を起こす確率が高い車(スポーツカー)

盗まれやすい車(人気車・高級車)


上記のような車が料率クラスが高い車となり、保険会社が保険金を支払う確率が高く、車両事故を起こした際に高額な保険金を支払わなければならないので、料率クラスが高い車は保険料を高めに設定しているのです。


ですので料率クラスが低い車に乗ることで、車両保険を付帯しても、ある程度は保険料を安く抑えることが可能なのです(料率クラスを考えながら車を選ぶ人は少ないと思いますが・・・)。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加