対物賠償保険に免責金額を設定する

対物賠償保険と免責金額
近年では対物事故でも高額な損害賠償責任を被る可能性があることから、対物賠償保険を「無制限」に設定するドライバーが増えてきましたが、対物賠償保険を使えば翌年のノンフリート等級が3つ下がってしまい、自動車保険の保険料が高くなってしまいます。


ですので実際問題、数万円ほどの少額な損害賠償なら対物賠償保険を使わずに、自己負担する場合も多いと思います。


そこで、どうせ数万円以内の少額な損害賠償を自己負担するなら、対物賠償保険に「免責金額(自己負担額)」を設定したほうがお得な場合があります。


対物賠償保険に免責金額を設定できることは、あまり知られていないようですが、免責金額を設定することで、当然、自動車保険の保険料も安くなりますので、免責金額を設定できる場合は、設定することも安い自動車保険を作る1つの方法です。


 対物賠償責任に免責金額(自己負担額)を設定すると



例)対物賠償保険「無制限:免責金額5万円」


対物事故を起こし3万円の損害賠償責任・・・「全額自己負担


対物事故を起こし10万円の損害賠償責任・・・「5万円自己負担


もちろん「全額自己負担」した場合は対物賠償保険を使っていませんので、翌年のノンフリート等級が下がることはありません。


保険会社や、自動車任意保険のプラン等によっては対物賠償保険に免責金額を設定できない場合もあります。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加