自動車任意保険の一般的な補償内容


自動車任意保険の一般的な補償内容
自動車保険を安くするためには、まずは一般的な自動車任意保険の補償内容を知っておかなければなりません。


補償内容を薄くすれば当然、自動車保険は安くなりますがそれでは意味がありませんので、充実した補償内容を基本に、安い自動車保険を作ることが大切なのです。


そこで一般的には、どのような補償内容としている人が多いのでしょうか?


 自動車任意保険の一般的な補償内容



対人賠償保険


対人賠償保険は「無制限」が基本であり、常識となっています。近年では保険会社によっては無制限しか選択できない場合もあるくらいですから。


対物賠償保険


少し前までは対物賠償保険は「1,000~2,000万円」に設定している方が多かったようですが、近年では対物事故でも高額な賠償責任が生じる可能性が高くなってきていますので、「無制限」に設定する方が増えています。


また無制限と2,000万円では保険料に大きな差は出ない場合が多いようですので(多くの場合数千円程度)、その点を考えても無制限に設定することをおすすめします。


人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)


近年多くのドライバーが「対人賠償保険・対物賠償保険」と一緒に付帯しているのが、この「人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)」です。


保険会社によって異なりますが、「3,000万円~1,000万円刻みで1億円まで」設定できるようになっていることが多く、1億円とするとかなり保険料が高くなってしまいますし、実際、治療費等は3,000~5,000万円までで十分補償されることが多いので、「3,000~5,000万円」で設定するドライバーが多いようです。


搭乗者傷害保険


搭乗者傷害保険は、「人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)」と補償内容が多少重複するのですが、基本的には「人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)」を付帯して、余裕があればこの搭乗者傷害保険を付帯するのが一般的になってきています。


ですので、「人身傷害補償担保特約(人身傷害補償保険)」を付帯していれば、必要ないかもしれませんが、2つとも付帯していれば別々に保険金が支払われるので、最低額(500万円~)でも良いので付帯しておけばかなり安心感が高くなります。


車両保険


車両保険は被保険自動車によって、付帯するのか?また付帯する場合でも「一般車両保険」にするのか?「車対車+A」にするのか?が大きく異なりますので、各自でよく考えましょう!


特約


弁護士費用特約
ファミリーバイク特約
身の回り品担保特約
代車費用担保特約
他車運転危険担保特約


など・・・


さまざまな特約は各ドライバーなどによって、必要なものが大きく異なりますので、事前にどのような特約があるのかを確認し、必要に応じて付帯するようにしましょう。


 結論!



自動車任意保険は以上のように設定しているドライバーが多いようです。まとめると以下のようになります。


一般的な自動車保険の補償内容
保険(特約) 補償内容
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
人身傷害補償担保特約
(人身傷害補償保険)
3,000~5,000万円
搭乗者傷害保険 必要に応じて
車両保険 個人差が大きい


そしてこれらの条件が決まれば、1つでも多くの自動車保険の見積もりをとって、比較検討することで、自分に最適な自動車保険を探すことができ、安い自動車保険を作ることができるのです。


そこで便利なのが、1度に複数の自動車保険の見積を取ることができる「自動車保険一括見積もりサイト」です。


なかでも「保険の窓口インズウェブ」は1度に最大20社の自動車保険の見積を取り寄せることができるのでとても便利ですよ。




保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加