オートバックスが自動車保険事業に参入



カー用品の販売など、トータルカーライフサポート事業を展開している「
オートバックスセブン」が、損害保険事業への参入に向けて、アメリカンホーム保険などを傘下に持つAIGグループと共同出資会社を月内にも設立すると2007年8月6日発表しました。





オートバックスではカー用品だけでなく、中古車販売や車検・整備も強化しており、損保代理店として自動車保険も販売しており、2006年度は自賠責保険で27万件、任意保険で1万件の販売実績があることから、独自の自動車保険を開発、販売すればさらに販売を伸ばせるとみています。





合弁新損保会社の社名や開業時期は未定で、資本金は4億9000万円。オートバックスが65%、AIGが35%出資するとのことで、オートバックスでは来店客に顧客ニーズに対応した独自の自動車保険を販売し、本業との相乗効果を狙います。





一方のAIGはこれまでの自動車保険の国内での引き受けや損害サービスに関するノウハウをオートバックスセブンへ提供することで、新会社の事業展開をサポートするとともに、新会社から一定の再保険収入を見込むことで、国内での損害保険事業の基盤強化を目指します。









平成19年8月6日・NIKKEI NETより一部抜粋





オートバックスが自動車保険へ参入ですか。確かに来店客に独自の自動車保険を提案すればある程度は契約者を獲得することが出来るでしょうが、どこまでシェアを伸ばせるかは微妙ですね。





ただ代理店のように実際に店舗で相談等ができるので、ダイレクト系損保に不安がある方にとっては、保険会社の選択肢が増えることはいいことですね。









保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加