三井住友海上、書面なしで自動車保険の契約可能に



三井住友海上火災保険は、2007年10月24日から書面なしで自動車保険の契約手続きができる「
電子計上システム」という新システムを導入すると発表しました。投資額は約3,000万円、開発に1年かかり、三井住友海上火災の代理店に無償で提供していくとのことです。





電子計上システムは、代理店のノートパソコン(PDA)で契約内容を入力し、印鑑の代わりに電子ペンで専用端末にサインするだけで自動車保険の契約が出来るシステムで、印鑑も筆記用具も用意せずに契約できるサービスです。





電子計上システムの導入によって、契約申込書と意向確認書面が不要になるため、契約者の利便性を高めるとともに、代理店が契約書類を管理する負担が軽くなり、経費削減にもつながるなどのメリットが考えられています。





三井住友海上火災保険では代理店のうち、まずは規模の大きな5,000店に導入する予定で、年600万件ある三井住友海上火災の個人向け自動車保険契約のうち、およそ半分で書面が要らなくなり、年1,800万枚を省ける計算となり、2008年度からは自動車保険だけではなく火災保険などにも広げ、新商品を出すたびに書面なしで契約できるようにしていくとのことです。





三井住友海上火災保険のCIO(最高情報責任者)である、市原等取締役常務執行役員は、「すべての業務プロセスをお客様視点で見直している。電子計上システムもその一環。今後もIT(情報技術)を活用して業務改善を進めていく」と話しています。









平成19年10月16日・日経ネットより一部抜粋





これは便利で、効率的なシステムですね。紙を使用しなくなるので経費削減はもちろん、地球にも優しいですからね(笑)





保険の契約申込書への記入って、なんだか面倒で分かりづらいことが多いのですが、パソコンの画面で入力していくのは間違いなく簡単で、分かりやすいと思いますので、三井住友海上だけでなく、他の損保も導入して欲しいですね。





ただダイレクト系の損保ってネットから申込みが出来るんで、よく考えたらやっと大手の損保がダイレクト系のシステムを導入するようになった?のかなとも思いますが・・









保険料を簡単に比較できます♪

ソニー損保、チューリッヒなど19社の自動車保険を無料で一括見積。安くなった保険料は平均25,000円

最短5分!の自動車保険一括見積り

1210追加